ニキビを予防し美肌になるためには毎日のスキンケアでしっかりとお肌を保湿することはもちろんのこと、十分な睡眠を確保することは基本です。
しかし睡眠に加え食生活の改善をすることはさらに大きな課題のひとつです。

お肌に良い食べ物を積極的に取り入れることで美肌は作られます。
体とお肌に良い食べ物で新陳代謝をアップさせ今ある肌トラブルをケアしてください。
スキンケア、睡眠、食事が美肌へと導く鍵となるといっても過言ではありません。

ニキビ肌改善に良い食事

ニキビ肌の肌トラブル改善に良い食事はニキビに効果的な食べ物を毎日の食生活に摂りいれることが大切です。
そのニキビ肌改善に注目したい食事の栄養素はビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、食物繊維、乳酸菌などが代表的です。

ビタミンB群

ビタミンB群はお肌に栄養を運ぶ重要な栄養素として働いてくれます。
ビタミンB群に属するビタミンのB1、B2、B3やB6、B5やB12のビタミン群を把握します。
ビタミンB1は代表的な食べ物として発芽玄米があげられ、B2は私たちになじみ深い食べ物である納豆です。
B3、B6に当てはまる食べ物はマグロ、B5は卵、B12はレバーの食品です。

ビタミンC

赤ピーマンや黄ピーマン、アセロラジュースなどです。

ビタミンE

いくらやあんきも、すじこなどの魚の卵系やナッツ類ですとアーモンドがあります。

ビタミンA

鶏レバーや豚のレバーなどレバー類が代表的です。

食物繊維

豆類や根菜、イモ類です。

乳酸菌

ヨーグルトやぬか漬けなどです。

毎日の食事で簡単にこれらの栄養素を摂取できるレシピは重宝します。
レバーの調理は難しいイメージでなかなか気軽に食事メニューに取り入れるのが大変そうですが、実はとても簡単です。
レバーペーストのレシピは茹でるだけでできてしまう簡単レシピで、レバー特有の匂いもしないのも嬉しいです。

材料は鶏レバー300グラムに塩、黒コショウが各小さじ半分、粒マスタードが大さじ1杯と半分です。
レバーを適当な大きさにカットし血塊を取り除いたらよく洗い、流水に15分つけてください。

そしたら水気を切り鍋にお湯を沸かしてレバーを入れ、蓋をしたら30秒、そして火からおろしたらタオルでくるんでまた15分おきます。

引き上げ、そこに茹で汁大さじ1杯と調味料を入れフォークの背を使い潰せば完成です。
保存する場合は調味料でしっかりと味をつけて冷めてからにしてください。保存は密閉容器でし、冷蔵庫で保存します。
表面が乾かないようにラップをしてあげるのも忘れないでください。

クラッカーや野菜スティックにつけたりと、気軽にレバーの食べ物を取り入れるのにぴったりなレバーペーストは普段の食事にはもちろんのこと、見た目も華やかですのでパーティーメニューにも最適な一品です。

乾燥肌に良い食事

乾燥肌に良い食事のまず始めはアボカドです。
アボカドは森のバターといわれるほど栄養豊富な食べ物として知られています。
アボカドの栄養価にはビタミンCやビタミンEがたっぷりと含まれいます。

お醤油をかけてシンプルに頂いたり、サラダにしても美味しいですが、定番メニューだけでなく、アボカドを使ってぜひデザートを作ってみることをお勧めします。

ミキサーを使って簡単にできるアボカドとフルーツを使ったムースの材料はアボカド半分、それに対してバナナが1本、プレーンヨーグルトが大さじ2杯に無調整豆乳が50㏄、純粋ハチミツ大さじ1杯にレモン汁が大さじ1杯になります。
注意したいのがミキサーに入れる順番です。
ハチミツを最初に入れるとうまく撹拌されずに底に沈んでしまうので注意してください。

まず豆乳を先にミキサーに入れ、そこにヨーグルトとレモン汁を入れます。
次に1口大にカットしたアボカドと3センチほどの輪切りにしたバナナを入れ、最後にハチミツを入れてください。
この順番を守るとうまくミキサーのなかで材料はしっかりと混ざってくれるので参考にしてください。

材料すべてが滑らかになるまでミキサーを回したら完成です。
カップなどの容器に移してスプーンで頂いてください。
デザート感覚で楽しめるアボカド料理はダイエット中の方のお菓子にもぴったりです。

乾燥肌の方はただでさえ乾燥が気になるのに、ダイエット中はその乾燥にさらに拍車がかかる可能性も無視できません。
良質な油を含むアボカドを積極的に取り入れることで、美肌効果、抗酸化効果、老化防止に効果的なアボカドの魅力の恩恵をたっぷりと得ることができます。

アーモンドも乾燥肌に良い食事です。
少し小腹がすいた時のスナックとしても重宝します。
アーモンドはビタミンEが豊富に含まれているだけでなく、オレイン酸の脂肪酸が70パーセントも含まれいる魅力的な食べ物です。
オレイン酸の役目はお肌の細胞膜を保護してくれ、有害な毒素を排除してくれる働きがあります。
またお肌の水分を保持してくれる素晴らしい効果から、お肌を乾燥からしっかりと守ってくれるのも大きな魅力のひとつです。
手のひら一掴みほどの量が1日に最適な量です。
簡単に食べることができ、間食のおやつとしてもヘルシーで美容効果抜群です。

オイリー肌に良い食事

オイリー肌の食事に良い栄養素でオイリーを改善する期待ができます。
ビタミンB6の栄養素はタンパク質の代謝に深く係わりがあります。
美肌に必要不可欠なお肌の新陳代謝を促進してくれ、お肌に弾力とツヤのある潤いに満ちた瑞々しい肌を作るのに大切なビタミンです。
これにプラスしてビタミンB2と協力することで、皮脂の分泌を抑制してくれる働きを得られます。
オイリー肌には皮脂分泌の抑制の働きは素晴らしい作用をもたらしてくれます。

食品では魚の赤身に属するサーモンやレバー、種実類ですとピーナッツやひまわりの種が当てはまります。
また果物ではバナナなどが多く含まれています注意したいのがこのビタミンB6と、ビタミンB2がともに水溶性ビタミンに属することです。

水溶性ビタミンの性質として水に溶けやすいということです。
ですから仮に調理などで煮物料理をした場合にはこの煮汁も一緒に摂るようにしてください。
煮汁に溶け出したビタミンを余すことなく摂れます。

また1日に数回わけて食べることも重要です。
水溶性ビタミンの特徴とし体内に長く蓄えておくことができないのが理由です。
毎日こまめに摂取するのがポイントです。

サーモンと強い抗酸化力をもつカボチャを使ったレシピを知っておくとよいです。
サーモンとカボチャのチーズ焼きはレンジとオーブントースターを使うだけで素早く簡単に調理できるのが魅力的なレシピです。
材料は3人分になります。
かぼちゃ250グラムに鮭切り身が1切れ、酒大さじ半分に塩コショウが少々、とろけるチーズはお好みの量を使ってください。

まず鮭はお酒を振ってラップをしたらレンジで加熱して鮭の身をほぐしておきます。
カボチャは5ミリ幅を目安にスライスししたらラップをし、レンジで加熱して柔らかくします。
カボチャを温めた皿はそのまま使い、カボチャの上にほぐした鮭をのせて、塩コショウで味付けします。
塩鮭を使用した場合はコショウのみ大丈夫です。
チーズをお好みの量でたっぷりとのせたら、あとはトースターで4分程焼き表面にこげ色がつけば完成です。

洋食で誰もが好きなメニューとなるサーモンとカボチャのチーズ焼きは、レンジで材料にあらかじめ熱を通すので時短できてしまいます。
忙しい方にも最適なレシピとなること間違いなしです。ぜひ試してください。